スタンダード不動産 > スタンダード不動産のスタッフブログ記事一覧 > 子持ちの家族が安心して住める賃貸物件探し!キッズがいるファミリー層におすすめの間取りをチェック!

子持ちの家族が安心して住める賃貸物件探し!キッズがいるファミリー層におすすめの間取りをチェック!

≪ 前へ|賃貸で目にする自社物件とはどのような物件?他社物件ではなく自社物件を選ぶメリットについて探る!   記事一覧   最近流行りの不動産のオンライン内見!メリットデメリットと合わせてご紹介|次へ ≫

子持ちの家族が安心して住める賃貸物件探し!キッズがいるファミリー層におすすめの間取りをチェック!

カテゴリ:ノウハウコラム

子持ちの家族が安心して住める賃貸物件探し!キッズがいるファミリー層におすすめの間取りをチェック!

子どものいる暮らしは、夫婦だけの暮らしとはいろいろと勝手が違うもの。
暮らしやすさと子育てのしやすさを考えたお部屋を探している方も多いのではないでしょうか?
子どもがいるご家族におすすめの間取りや部屋ごとの子育てのコツをご紹介していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

子育て中のファミリー層におすすめの間取りは大きすぎない1LDKと2LDK

夫婦二人の生活から一転、子持ちライフをおくりはじめるご家族のまず最初の課題が、暮らしやすい賃貸のお部屋探しではないでしょうか?
子育てを視野に入れるカップルにおすすめなのは、広すぎないけれど狭いと感じることのない「ちょうどよい」サイズ感のお部屋。
お子さんが二人以上の場合は、部屋数の多い3LDKや4LDKのお部屋が向いていますが、お子さんが一人のご家庭には、1LDKや2LDKの間取りのお部屋がおすすめです。
また、1LDKや2LDKのお部屋は、今は夫婦だけの暮らしだけど、いずれ子どもを持ちたいという場合にもおすすめです。
1LDKのお部屋は、小さな子どものいるご家族はもちろん、広めのひとり暮らしのお部屋や新婚夫婦のお部屋としても人気の高い間取り。
2LDKのお部屋は、家族が暮らす居住用のスペースのほかに、子どもが過ごすスペースの確保、両親やお友達などを招く際にも便利な来客用のスペースの確保ができることもあり、子どものいるファミリー層に人気となっています。

家賃負担が少ないのことも魅力のひとつ!1LDKや2LDKの部屋で子育てをするコツ

大人二人に子ども一人という家族にちょうどよいのが、1LDKや2LDKのお部屋。
1LDKや2LDKのお部屋のメリットは、家賃への負担が少ないのに、きちんと子どもと大人の両方の暮らしやすさを実感できる毎日がおくれるところ。
部屋数が限られているので、毎日の家事やお掃除の負担も少なくすみますし、家の中で大きく動くことなく、すべての用事を済ませることができます。
1LDKのお部屋では、LDKをメインのお部屋、もうひとつのお部屋を寝室とするのが、ストレスなく暮らすコツです。
子どもが小さい間は、LDKの一角にキッズスペースをつくってあげるとより快適に暮らせるかもしれません。
一方で、2LDKのお部屋では、より広い収納スペースや多い部屋数を生かし、子ども部屋や仕事部屋をつくるのもおすすめです。
子どもが幼児までの間は、1LDKでもストレスなく過ごせることかと思いますが、小学校や中学校へあがる頃になると、少し手狭感が出てしまうこともあるかもしれません。
今後も長く住み続けていきたいということであれば、1LDKよりも広い2LDKのお部屋にすると安心でしょう。

家賃負担が少ないのことも魅力のひとつ!1LDKや2LDKの部屋で子育てをするコツ

おすすめ|賃貸の物件一覧

まとめ

家族が増えると必然的に過ごす時間が増えるキッチンのスペースもきちんと確保されているLDKのお部屋は、まさに家族向きのお部屋。
マンションやアパートによっては、1LDKや2LDKの家族用にぴったりの間取りでも子どもと暮らすのが不可とされる物件もありますので、賃貸部件を探す段階でしっかりと確認しておくと安心です。
ぜひ、ご家族が笑顔で暮らせる素敵なお部屋を見つけてくださいね。
私たちスタンダード不動産では、大阪市の賃貸・売買物件情報を豊富に取り扱っております。
売却査定も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸で目にする自社物件とはどのような物件?他社物件ではなく自社物件を選ぶメリットについて探る!   記事一覧   最近流行りの不動産のオンライン内見!メリットデメリットと合わせてご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約