スタンダード不動産 > スタンダード不動産のスタッフブログ記事一覧 > 共働きしている夫婦必見!物件購入のために使えるペアローンについて

共働きしている夫婦必見!物件購入のために使えるペアローンについて

≪ 前へ|リビングをセンス良くコーディネートするコツとは?   記事一覧   安心して暮らすなら治安のいい場所で!大国町の住みやすさについて|次へ ≫

共働きしている夫婦必見!物件購入のために使えるペアローンについて

新しく住宅を購入する時に利用することのできる住宅ローンですが、その種類は一つだけではありません。

 

人に合わせたローンの仕組みなどがあり、共働きをしている夫婦には、ペアローンというものがおすすめされています。

 

夫婦で同じ物件の住宅ローンをそれぞれで組むことによって、夫婦でお互いの連帯保証人となり、それぞれ住宅ローンを支払っていくことのできるペアローン。

 

今回は、ペアローンについてどんなメリットやデメリットがあるのかを紹介していきます。

 

共働きしている夫婦必見!物件購入のために使えるペアローンについて



夫婦で利用できるペアローンってなに?メリットにはなにがあるのかご紹介


住宅ローンという言葉は聞いたことがあっても、ペアローンというのは聞きなじみがない方もいるのではないでしょうか。

 

通常の住宅ローンは、「一人がひとつの物件の住宅ローンを組む方法」で、夫婦の場合は「どちらか一方」が住宅ローンの契約者となって、単独でローンを組む方法となります。

 

ペアローンはひとつの物件に対して、「夫婦がそれぞれで住宅ローンを契約」して、お互いに連帯保証人となる方法です。

 

住宅ローンは返せるかどうかが重要になりますよね。

 

夫婦で共働きをしているご家庭の場合は、家計への収入が一人暮らしの方より多くなっているため、ペアローンを組むことによって、通常の住宅ローンよりも借入金額を大きく設定しやすくなっています。

 

ただし、考えたくもない話ですが、ペアローンをしたあとで夫婦のどちらかが亡くなってしまった場合、亡くなってしまった方の住宅ローン返済を免除することはできません。

 

ペアローンをした時のデメリットには何があるの?


あくまでもペアローンは共働きをしている夫婦におすすめできる住宅ローンです。

 

将来的に夫婦のどちらかが仕事を辞めることが決まっている場合、一方の収入がなくなることになってしまうので、住宅ローンで控除を受けたりすることができなくなることがあります。

 

そのため、共働きではなくなった時に、ペアローンによって住宅ローンを組んでいる場合、返済ができなくなって負担が多くなってしまうことがあります。

 

一般的に夫のほうが妻よりも借入額を多くしてローンを組むことがほとんどです。

 

しかし返済途中で、夫の借入額が大きい世帯で妻が亡くなってしまうと、夫は「今までどおりの返済」を続けていきながら、妻の返済もしていくことになるので、家計を圧迫する原因になることもあります。

 

家族構成含め、将来何が起こるか分かりません。

 

こういったケースも頭に入れたうえで検討してみてくださいね。

 

共働きしている夫婦必見!物件購入のために使えるペアローンについて



まとめ


ペアローンは共働きの夫婦でそれぞれローンが組めるので、金融機関から借り入れられる金額が一つの世帯で多くなるというメリットがあります。

 

ですが、ローンは返済することのほうが重要となっているので、返済していくことも考えてからローンを組むようにしましょう。

 

特に、ペアローンは夫婦の一方が亡くなっても免除されることがないので、リスクに備えてから契約をするようにしてくださいね。

 

私たちスタンダード不動産では、大阪市の賃貸・売買物件情報を豊富に取り扱っております。

 

売却査定も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください
≪ 前へ|リビングをセンス良くコーディネートするコツとは?   記事一覧   安心して暮らすなら治安のいい場所で!大国町の住みやすさについて|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約