スタンダード不動産 > スタンダード不動産のスタッフブログ記事一覧 > 子供部屋のおすすめの広さとは?一般的な広さと利用年間を知ろう!

子供部屋のおすすめの広さとは?一般的な広さと利用年間を知ろう!

≪ 前へ|難波で過ごす至福の時間!おしゃれなアフタヌーンティーにおすすめのお店   記事一覧   自分が思い描いた通りのインテリアコーディネートを目指す!そのコツとは?|次へ ≫

子供部屋のおすすめの広さとは?一般的な広さと利用年間を知ろう!

家族のために家を建てよう!そう考えた時、主に悩むのが間取りですよね。

 

夫婦の寝室は〇畳くらいの大きさにして、リビングは南向きで〇〇畳なんて考えるだけで、夢が膨らみます。

 

さて、ここでよく話題に出てくるのが「子供部屋」です。

 

すでに子供がいるご家庭、これから出産を控えているご家庭、兄弟がいる場合、その年齢差と性別など、どのように子供部屋を確保すれば良いのか、考え出したらキリがありません。

 

今回は、子供部屋を作るとしたらどのくらいの広さにすれば良いのか、平均的な例をあげてご紹介させて頂きたいと思います。

 

子供部屋のおすすめの広さとは?一般的な広さと利用年間を知ろう!


子供部屋の一般的な広さはどのくらいでしょうか?


 

子供部屋の平均的な広さとしてあげられるのは『6畳』です。

 

「子供なら4.5畳でも十分じゃないの?」という意見も耳にすることがあります。

 

確かにお子さんが小さく、まだママやパパと同じベッドで寝るくらいの年齢であれば、4.5畳でも十分だと思います。

 

しかし1人寝を始める頃になると、自室にベッドや机などの大型家具を入れることになります。

 

そうすると、4.5畳では多少狭く感じてしまうでしょう。

 

これからのお子さんの成長度合いも考慮するならば、もう少し広い空間の方が無難と言えます。

 

そして、8畳となると子供の部屋としては十分過ぎるほどの広い空間になります。

 

高校生くらいのお子さんでも、ちょっと広く感じるスペースとなるでしょう。

 

あまり広すぎると、ただ部屋が乱雑に使われてしまうだけという可能性もあります。

 

平均的な6畳前後の部屋の大きさが一般的にはおすすめです。

 

子供部屋の広さを決めるコツとは?


 

お子さん自身からしてみれば、自分の部屋は広いに越したことはないでしょう。

 

しかし建物を建てる土地というのは限られており、その中で子供部屋以外に、リビングや寝室、その他の生活空間を確保しなくてはいけません。

 

実は子供部屋が必要となるのは、実質数年間だけなのです。

 

お子さんが物事に集中して取り組むプライベートな空間が必要となるのは、小学校高学年から高校卒業くらいまでの間です。

 

その間の8年間(多少前後することを考えても、10年前後)以外は、子供部屋は空き部屋となるわけです。

 

このような点も踏まえて、子供部屋は必要な生活空間を確保した上で、余ったスペースで確保すると良いでしょう。

 

リビングの広さを抑えてまで子供部屋を確保する必要はないでしょうし、親の寝室以上のスペースを子供部屋に割く必要もありません。

 

また、子供が複数人いる場合には、部屋の割り振りもいささか複雑になります。

 

性別や年齢幅によっても異なりますので、予め1つの空間として設置し、成長によって壁や仕切りなどを利用して空間分けするという方法もあります。

 

以上のことから、子供部屋の広さを決めるコツは次の通りです。

 

・リビングや生活空間を確保した上で、余ったスペースを子供部屋として考える

・兄弟・姉妹がいる場合は最初から個々に区切るのではなく、1つの空間として確保

 

また成長によって子供部屋の広さを調整してはどうでしょうか?

 

子供部屋のおすすめの広さとは?一般的な広さと利用年間を知ろう!


まとめ


 

住宅を建築する際の、子供部屋の一般的な広さや設置のコツについてご紹介しました。

 

以前は、勉強するための空間として子供部屋が設けられていましたが、今はリビング学習が主流であると言われ、子供が小さいうちは親の目の届く場所で勉強する姿が一般的となっています。

 

お子さんの年齢によっても、子供部屋の在り方は変わってきます。

 

最初から「コレだ!」という風に決めてしまわず、その時々で柔軟に対応できるように考えていくと良いのかもしれませんね。

 

私たちスタンダード不動産では、大阪市の賃貸・売買物件情報を豊富に取り扱っております。

 

売却査定も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください
≪ 前へ|難波で過ごす至福の時間!おしゃれなアフタヌーンティーにおすすめのお店   記事一覧   自分が思い描いた通りのインテリアコーディネートを目指す!そのコツとは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約