スタンダード不動産 > スタンダード不動産のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件を借りる場合にかかる初期費用はいくら?内訳は?

賃貸物件を借りる場合にかかる初期費用はいくら?内訳は?

≪ 前へ|大阪市北区梅田駅周辺の住みやすさとは?交通から再開発まで解説!   記事一覧   間取りのタイプと特徴による使い分けについて徹底解説!|次へ ≫

賃貸物件を借りる場合にかかる初期費用はいくら?内訳は?

カテゴリ:ノウハウコラム

賃貸物件を借りる際には、敷金・礼金をはじめとしたさまざまな初期費用がかかります。

 

今回は、賃貸物件を借りる場合にかかる初期費用がいくらぐらいなのか、その内訳などをまとめてみました。

 

賃貸物件を借りる場合の初期費用はいくらかかる?初期費用の内訳


入居申込書


賃貸物件を契約する場合にかかる初期費用として、まず挙げられるのが「敷金」と「礼金」ですが、これは東日本の風習であり、西日本では「保証金」と「敷引き」という初期費用が一般的でした。

 

現在はほとんどの物件で、あらかじめ大家さんやオーナーに預けておく「敷金」と、大家さんへのお礼という意味を持つ「礼金」を支払うのが主流となっています。

 

「敷金」は退去時に、原状回復費用が差し引かれたのち(清掃費などの特例あり)返金されるもので、相場は家賃の12ヶ月、「礼金」は返金がなく、相場は家賃の02ヶ月です。

 

その他の初期費用として、不動産の「仲介手数料」が1ヶ月から半月分、「火災保険」と「鍵交換費」、「事務手数料」が家賃の半月分程度かかります。

 

また、保証人代わりに保証会社を利用する物件が増えており、家賃の半月分程度を「保証費用」として負担します。

 

さらに、「翌月分の家賃」、「引っ越し代金」や、「家具購入費」についても、初期費用に加えておいたほうが無難です。

 

結果として、賃貸物件の契約時に初期費用がいくらかかるかといえば、最低でも家賃の4ヶ月から7ヶ月分相当が必要になる、と考えるべきでしょう。

 

賃貸物件を借りる場合の初期費用はいくらかかる?クレジットカード決済ができる場合も


クレジットカード


家賃の4ヶ月から7ヶ月分相当とれば、5万円の家賃でも20万円から35万円、7万円であれば50万円近くかかることも。

 

引っ越しはしたいけれど、それほどの金額を一度に払えない、という方もいらっしゃると思います。

 

そんなときに頼りになるのが、クレジットカード決済です。

 

カードで支払い、分割払いやリボ払いにすれば、一度に高額な費用が必要になることはありません。

 

<注意点>


・すべての不動産会社が対応しているわけではないこと

・高額なためカードのショッピング上限を超えての決済はできない

・一度に高額なショッピングをしたことでクレジットカード会社から確認の連絡が入る可能性がある


万が一、クレジットカード会社からの連絡があった場合には、使用理由を説明すれば問題ありません。

 

まとめ


賃貸物件を借りる場合の初期費用はいくらかといえば、借りる物件の家賃47ヶ月が相場です。

 

クレジットカード払いが可能な不動産会社もありますが、カードの使い過ぎには十分に気をつけましょう。


私たちスタンダード不動産では大阪府の不動産情報を多数ご紹介しております。


ぜひ、当社までお気軽にお問い合わせください。

≪ 前へ|大阪市北区梅田駅周辺の住みやすさとは?交通から再開発まで解説!   記事一覧   間取りのタイプと特徴による使い分けについて徹底解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


アイディル中之島イースト

アイディル中之島イーストの画像

賃料
6.1万円
種別
マンション
住所
大阪府大阪市北区菅原町9-12
交通
南森町駅
徒歩6分

メゾンドアヴェルⅢ

メゾンドアヴェルⅢの画像

賃料
6.1万円
種別
マンション
住所
大阪府大阪市北区長柄東3丁目1-22
交通
天神橋筋六丁目駅
徒歩12分

ラフォルム梅田north

ラフォルム梅田northの画像

賃料
6.4万円
種別
マンション
住所
大阪府大阪市北区中津3丁目8-13
交通
中津駅
徒歩4分

ジオナ天神橋

ジオナ天神橋の画像

賃料
9.5万円
種別
マンション
住所
大阪府大阪市北区樋之口町2-13
交通
天神橋筋六丁目駅
徒歩5分

トップへ戻る

来店予約