スタンダード不動産 > スタンダード不動産のスタッフブログ記事一覧 > 間取りのタイプと特徴による使い分けについて徹底解説!

間取りのタイプと特徴による使い分けについて徹底解説!

≪ 前へ|賃貸物件を借りる場合にかかる初期費用はいくら?内訳は?   記事一覧   大阪市北区の癒しスポット!極楽気分が味わえるおすすめの温泉とは?|次へ ≫

間取りのタイプと特徴による使い分けについて徹底解説!

カテゴリ:ノウハウコラム

間取りには様々なタイプがありますが、それぞれのタイプによって特徴があります。


うまく使い分けることで生活の利便性が向上し、無駄な費用を節約できます。

 

今回は、間取りのタイプと特徴による使い分けについて、間取りの選び方なども踏まえながら、解説していきます。

 

間取りのタイプと特徴による使い分けについて:間取りのタイプと特徴


間取り図


<間取りの種類>


・1R(ワンルーム)

1K(ワンケー)

1DK(ワンディーケー)

1LDK(ワンエルディーケー)

 

Lはリビング、Dはダイニング、Kはキッチンのことを指します。

 

KDKLDKの違いについては、単純にキッチンの広さと考えて差し支えなく、不動産公正取引協議会連合会によってその目安が決まっています。

 

キッチンのある部屋が4.56畳以下ならK8畳~10畳以下ならDK、それ以上であればLDKとなります。

 

ちなみに、ワンルームはキッチンが居室と一体化しているタイプの部屋を指します。

 

また、アルファベットの前についている数字が、居室の数を示します。

 

例えば、2KDなら2つの居室と6畳以下のダイニングキッチン、3LDKなら3つの居室と10畳を超えるリビングダイニングキッチンという内訳になります。

 

間取りのタイプと特徴による使い分けについて:間取りの選び方


キッチン


では、間取りの選び方はどのようにすればよいでしょうか。

 

食事も外食が多く、家では寝るだけという一人暮らしの方であれば、ワンルームで十分でしょう。

 

ワンルームや1Kでもキッチンは備わっていますがコンパクトなものが多いため、しっかり自炊をしたいという方であれば、1DKを選ぶとよいでしょう。

 

1LDKはくつろぐ部屋と寝室を使い分けたい方におすすめで、2人程度であればルームシェアでも不自由はそこまで感じないかもしれません。

 

ファミリー向けなのは2DK2LDK以上で、子どもが増え、成長していく過程と共に、個々の部屋を用意してあげるようであれば、3LDK以上が必要になってくるでしょう。

 

なお、2K2DKタイプで振り分け式になっているタイプ(真ん中にキッチンやダイニングキッチンがあり、両端に部屋があるタイプ)であれば、ルームシェアなどをしてもプライバシーが守られて快適に暮らせるでしょう。

 

まとめ


物件を探す際には、住む人間の数や属性によって間取りのタイプを選ぶと良いでしょう。

 

キッチン、ダイニングキッチン、リビングダイニングキッチンの順で、キッチンの広さが広くなることも覚えておくと、部屋探しの際に役立つでしょう。


私たちスタンダード不動産では、大阪府の賃貸物件をご紹介しております。


ぜひ、当社までお気軽にご相談ください。

≪ 前へ|賃貸物件を借りる場合にかかる初期費用はいくら?内訳は?   記事一覧   大阪市北区の癒しスポット!極楽気分が味わえるおすすめの温泉とは?|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


アイディル中之島イースト

アイディル中之島イーストの画像

賃料
6.1万円
種別
マンション
住所
大阪府大阪市北区菅原町9-12
交通
南森町駅
徒歩6分

メゾンドアヴェルⅢ

メゾンドアヴェルⅢの画像

賃料
6.1万円
種別
マンション
住所
大阪府大阪市北区長柄東3丁目1-22
交通
天神橋筋六丁目駅
徒歩12分

ラフォルム梅田north

ラフォルム梅田northの画像

賃料
6.4万円
種別
マンション
住所
大阪府大阪市北区中津3丁目8-13
交通
中津駅
徒歩4分

ジオナ天神橋

ジオナ天神橋の画像

賃料
9.5万円
種別
マンション
住所
大阪府大阪市北区樋之口町2-13
交通
天神橋筋六丁目駅
徒歩5分

トップへ戻る

来店予約