スタンダード不動産 > スタンダード不動産のスタッフブログ記事一覧 > 不動産の売却は仲介or買取どちらがいいの?2つの売却方法をご紹介

不動産の売却は仲介or買取どちらがいいの?2つの売却方法をご紹介

≪ 前へ|低予算で自分好みのマイホームに!「リノベーション」がおすすめ   記事一覧   空き部屋の管理にお困りの方におすすめ!不動産会社での部屋の管理|次へ ≫

不動産の売却は仲介or買取どちらがいいの?2つの売却方法をご紹介

カテゴリ:ノウハウコラム

不動産を売却したいとなった時、その方法は仲介か、買取かのどちらかになります。

 

同じ売却のための方法であっても、やり方は違っていて、それぞれにメリットとデメリットがあります。

 

そこで今回は、2つの売却方法について詳しく紹介していきましょう。

 

不動産の売却は仲介or買取どちらがいいの?2つの売却方法をご紹介



不動産売却の主な流れは?仲介と買取の違いについて


 

まずは、仲介での不動産の売却方法を紹介します。

 

こちらの方法は、これから売却する不動産を、不動産の仲介会社へと依頼をして売却することで売却の手続きができます。

 

売却依頼をされた不動産仲介会社は、不動産購入希望をしているお客に物件の紹介をして、不動産の買い手を探してくれます。

 

買い手が見つかれば、不動産の売主と買い手の間に入って、契約条件や売却価格などの調整を行ってくれます。

 

契約が完了して売却が終わった後も、不動産の引き渡しが完了するまでサポートをしてくれるので、売却を安心して行うことができます。

 

次に買取の方法ですが、こちらの場合は、買い手が個人のお客ではなく、不動産会社になるんです。

 

一見すると、仲介と同じような方法にも思えますが、買取の売却方法は、一から買い手を探す手間が無いので、不動産を販売する期間や、不動産の宣伝をするための広告をする必要がなくなります。

 

こういった手間がはぶけることで、不動産をすぐに売却することができ、売却するための期間を短期間で終えることができます。

 

不動産を売却した時の仲介と買取のメリットデメリット


 

仲介と買取の方法では、それぞれで発生するメリットとデメリットがあります。

 

仲介の場合は買い手を一から探すため、売却手続き期間が平均でも3か月ほどかかることがあります。

 

代わって買取の場合は買い手が不動産会社で、すぐに不動産を売却できるため、不動産をすぐに売却して手続きを終わらせたいという方は買取のほうがおすすめです。

 

手続き期間という時間のメリットデメリットの次は、売却価格です。

 

買取の場合は不動産会社が不動産を売主から購入し、付加価値をつけて再度販売するようになるため、相場の価格よりも低い価格で売却することがあります。

 

仲介の場合は購入希望者を募って、不動産市場の相場価格そのままに売却することができるので、買取よりも売却価格を高く設定して不動産を売却することができるんです。

 

不動産の売却は仲介or買取どちらがいいの?2つの売却方法をご紹介



まとめ


 

売却のための期間を短く済ませたいのなら買取、なるべく高く不動産を売却したい時は仲介の方法を選ぶことをおすすめします。

 

自分の状況に合わせた方法を選んで、不動産の売却を行ってくださいね。

 

私たちスタンダード不動産では、大阪市北区を中心とした不動産情報を豊富に取り扱っております。

 

気になる物件がございましたらお気軽に問い合さい
≪ 前へ|低予算で自分好みのマイホームに!「リノベーション」がおすすめ   記事一覧   空き部屋の管理にお困りの方におすすめ!不動産会社での部屋の管理|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


アイディル中之島イースト

アイディル中之島イーストの画像

賃料
6.1万円
種別
マンション
住所
大阪府大阪市北区菅原町9-12
交通
南森町駅
徒歩6分

メゾンドアヴェルⅢ

メゾンドアヴェルⅢの画像

賃料
6.1万円
種別
マンション
住所
大阪府大阪市北区長柄東3丁目1-22
交通
天神橋筋六丁目駅
徒歩12分

ラフォルム梅田north

ラフォルム梅田northの画像

賃料
6.4万円
種別
マンション
住所
大阪府大阪市北区中津3丁目8-13
交通
中津駅
徒歩4分

ジオナ天神橋

ジオナ天神橋の画像

賃料
9.5万円
種別
マンション
住所
大阪府大阪市北区樋之口町2-13
交通
天神橋筋六丁目駅
徒歩5分

トップへ戻る

来店予約