スタンダード不動産 > スタンダード不動産のスタッフブログ記事一覧 > 古い家だけじゃない!新築住宅でもシロアリに注意!あらかじめできるシロアリ対策とは

古い家だけじゃない!新築住宅でもシロアリに注意!あらかじめできるシロアリ対策とは

≪ 前へ|実はとっても便利!大阪の穴場の街「大国町」にある公園一覧をご紹介!   記事一覧   大阪市西区役所が主催の子育てイベントをご紹介!子育てカレンダーとは?|次へ ≫

古い家だけじゃない!新築住宅でもシロアリに注意!あらかじめできるシロアリ対策とは

カテゴリ:ノウハウコラム

古い家だけじゃない!新築住宅でもシロアリに注意!あらかじめできるシロアリ対策とは

シロアリ被害といえば、古い家に多いイメージですが、実は新築住宅でもシロアリ被害に遭う可能性は十分あります。
餌さえあれば、どこにでもシロアリは発生します。
新築住宅だからこそできる有効なシロアリ対策もあるので、今回は大切なマイホームを守るために、新築でやっておくべきシロアリ対策をご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

新築でもシロアリ対策は必要!注意すべき場所とは?

新築住宅でも、家を建てる段階からシロアリ対策は必要です。
特にシロアリが巣を作りやすい場所は、床下や壁の中、天井裏、庭の切り株などです。
シロアリは光と風を嫌うので、木材の割れ目などにフンや土を集めます。
新築でも、気付いた時には床下の柱がスカスカになっていた、ということもあり得るのです。
また、最近人気の「基礎断熱工法」もシロアリ被害に遭いやすい一例です。
壁や床に断熱材を使用して外気を遮り、過ごしやすい空間をつくる工法ですが、断熱材はシロアリの餌になりやすく、穴だらけでボロボロになっていた、という実例もあります。
新築住宅だからと安易に考えず、家を建てる段階からシロアリ対策をしっかり行い、大切な家を守りましょう。

構造から点検まで!新築住宅ですべきシロアリ対策とは?

新築住宅を建てる段階から、シロアリ対策は始まっています。
まず、家を建てる前に行うべきは、土壌調査です。
新築住宅でシロアリが発生する要因として、家を建てる前から土壌にシロアリが潜んでいたという例もあります。
土壌調査を行うことで、地面に潜むシロアリを発見することができるので、事前に調査することをおすすめします。
続いて、設計段階でできるシロアリ対策についてご紹介します。
大切なのは、家を建てた後も床下など点検しやすい造りにすることです。
今後シロアリ点検や駆除を依頼する際に、床下に入りやすい構造にしておきましょう。
また、先程も触れた「基礎断熱工法」に使われる断熱材もシロアリの餌となり、建物内へ侵入されやすい場所でもあるので、あまりおすすめできません。
他にも、シロアリ被害に遭いにくい木材を使用したり、侵入経路になりそうな隙間には、あらかじめ薬剤を注入するなどの対策を取りましょう。

構造から点検まで!新築住宅ですべきシロアリ対策とは?

おすすめ|新築物件特集

まとめ

新築住宅を建てる際にできるシロアリ対策をご紹介しましたが、大切なのは定期的に調査を行うことです。
また、知らぬ間に庭やウッドデッキにシロアリが発生していて、そのまま家が被害に遭うというケースもあります。
日頃から自宅周辺の環境にも気を配り、家がシロアリ被害に遭う前に駆除できるように心掛けましょう。
私たちスタンダード不動産では、大阪市の賃貸・売買物件情報を豊富に取り扱っております。
売却査定も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|実はとっても便利!大阪の穴場の街「大国町」にある公園一覧をご紹介!   記事一覧   大阪市西区役所が主催の子育てイベントをご紹介!子育てカレンダーとは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約